Paradis

135サイズフォーマットの20~21mm付近の画角は自分にとって特別である。
と前にも書いたけど、この作品も「FUJINON XF 14mm F2.8 R」での撮影。
その場所と主題を明確に捉えることのできる広角画角だ。

以前、
いろんなところで「広角レンズは売れないんですよね」と聞いたことがある。
確かにそうなのかもしれない。自分が動かないといけない画角だし、
少しでも傾くと写真は盛大に傾くし、ボケを楽しむレンズでもないし、
主題を浮き上がらせるのはとても難しい。引き算はとても難しいと言える。
つまり、撮影側に力を要求するわけだ。
それを楽しめるかどうかに全てがかかってる気がする。
おそらく、広角レンズを文字通り”広く撮る”レンズだと思ってるうちは楽しめないだろう。
 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Paradis ( H.Yamaguchi #145 )
model : Haruka
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 14mmF2.8 R  (製品サイト)

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中