FUJIFILM X は本当に進化しているのか?

Banyan fig
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)
Blogランキング応援はこちらへ
 
 
もちろん、
新しい機能、新しいセンサー、高速なデータ処理によって性能は進化しているし、
T2以降の解像限界付近の自然な描写はとてもいい。
しかし、
1600万画素だった頃のトーンの美しい再現力は去ってしまったし、
暗部のノイズに関しては良くなったのか?新しいほうが劣化してるのでは?
と思うことも。
T3に始まった裏面照射センサーに関して言えば、ちょっとおかしくないか?
と思う点もある。
進化して得ている部分もあれば、失ってしまった部分もある。
失ってしまった部分を望むのは私が時代遅れなんだろうか?
 
 
Blogランキング応援はこちらへ

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中