秋色ポートレイト

Fall color

model : Mami

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)
GODOX X1T-F
GODOX TT685F
 


 
 
 
 
 基本的にナチュラルな光を好みますが、
 
 撮りたいイメージとシチュエーションによってフラッシュも使うことは多々あります。
 
 使ってもナチュラルにしか見せないことがほとんどでもありますけど、
 
 意図的にパキッとフラッシュ感を出すことも必要に応じて行います。
 
 今どきはHSSへの対応が行われたクリップオンも増えてきて、
 
 ワイヤレスなリモート発光も当たり前に出来ますので、お手軽ですね。
 
 しかし、光コマンダーでリモート発光させている人っているんだろうか?
 
 純正しか使わないって人も多いと思いますけど、
 
 ことライティングに関しては明らかにサードパーティの方が進んでます。
 
 
 
 カメラの自動化やAI化はどんどん進んでいくでしょうけど、
 
 光を読むのはカメラには出来ません。
 
 でも、ひょっとしてファインダー覗いたら、
 
 「もう10cm右へいけ!」
 
 「フラッシュの位置を5cm左へ」
 
 「モデルの視線を右に流させなさい!」
 
 とかカメラに指示される時代が来る?(笑)
 
 
 
 
今、何位?人気ブログランキングへ
 
 
 
→ 2019年版カレンダーはこちら
 
 
 
FUJIFILM X-Photographers page
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中