閉塞する未来

Closing future

model : Mari Shimizu

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
7Artisans 35mm F1.2
 


 
 
 前の仕事をしていた頃、情報収集は非常に重要な業務であった。
 
 同業他社の動向は非常に気をつけておく必要があった。
 
 自社よりも明らかに技術的に劣ると思われる企業であっても、
 
 商売は別である。顧客にとって価値あるものであれば売れるし、
 
 自社のビジネスの障壁になる。
 
 確度の高い情報収集にコストをかけていた。
 
 その時、
 
 もっとも信用のおけない情報を出してくる人物を見分ける方法があった。
 
 それはコチラが安心する情報を渡してくる人物である。
 
 「あそこなんかまだまだですよ!」
 
 これを聞けば当然コチラは安心するが、それは情報とは言わないし、
 
 以降、その人物の情報は使わないことになる。
 
 
 安心する情報かどうかは、コチラが決める事である。
 
 本当に欲していて価値ある情報とはアラームである。
 
 
 
 

↑良ければ応援クリックお願いします↑
 
FUJIFILM X-Photographers page

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中