A lady in the lake

A lady in the lake

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
7Artisans 55mm F1.4
 


 
 
 この日はオートフォーカスなレンズは一本も持たず、カメラボディも1台のみ。
 
 光次第でコンセプトもその場で考える(いつものことですけどw)
 
 ・・・とはいっても、コンセプトはいくつかを常にストックしておくことは必要だし、
 
 現場対応というのは引出しの数は多いほうがいい。(引出し間違えたら笑いしか残らないけど)
 
 モデルの清水麻里さんは、モデルとして引出しの多い方。レンズ向けるとスイッチが入る人。
 
 最初に撮った数枚を見せれば、理解してくれる。多くの言葉は要らない。
 
 しかし、多すぎるとも言えるエロチシズムをどこかでマイナスしなければ、
 
 自分の作品じゃなくなる(笑)
 
 この日は、気温もだが湿度が凄まじく高く、風も無い。
 
 私のコンディションは最悪で、額から汗が滴り落ち、ファインダーを覗く目に入る。
 
 暑いのはキライだ~!!などと思いつつ、
 
 写真はちゃんと撮る。せっかく来てくれたモデルさんに申し訳ないというものだ。
 
 多くのフォトグラファーに撮影されているモデルさんを使うというのは
 
 プレッシャーも高くなるのである(笑)
 
 
 

↑良ければ応援クリックお願いします↑
 
FUJIFILM X-Photographers page

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中