墓標

Pinnacles

Panasonic GH5
LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0
 


 
 
 ピナクルズでは、

 化石化した樹が、さながら彼ら自身の墓標に見える。
 
 人の時間とは異なる長い時間がそこにある。
 
 理屈では理解できても、決して実感できない時間である。
 
 途方もない時間をかけて石化して墓標となった樹々も、
 
 姿を現した故に短い時間で砂になり土に還る。
 
 なんとも皮肉なことだ。
 
 彼らの時間から見れば一瞬でしかない「人」がそこに意味を持とうとする。
 
 これもまた皮肉なことだ。
 
 
 

↑良ければ応援クリックお願いします↑
 
FUJIFILM X-Photographers page

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中