COLOR – FULL

COLORS

Panasonic GH5
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH.
 


 
 
 写真の立ち位置は、あやふやな部分があり、
 
 絵画とは異なり、記録、芸術の両方の性質がある。
 
 そして、その中間的なモノもある。
 
 生み出された現在は、それぞれに価値があるわけだが、
 
 例えば100年後、1000年後にどちらの価値を大きく持つのだろうと考えると、
 
 おそらく記録的要素が重視されるような気がする。
 
 たとえ芸術的写真であっても、作者の意図にかかわらず、
 
 時代を経るに従い客観的に観られるだろうし、
 
 その価値は時代の資料的なモノとして評価される気がする。
 
 もちろん、どっちが正しいとかという意味ではなく、
 
 そうなるだろうな。。。という考えである。
 
 この写真、もし1000年後に見つかったとしたら、何に見えるんだろうな(笑)
 
 せめてコカコーラが残ってれば良いんだけれど?
 
 ちなみに、
 
 SYDNEY空港の QANTAS Business loungeのソフトドリンクサーバーの写真です(笑)
 
 
 

↑良ければ応援クリックお願いします↑
 
FUJIFILM X-Photographers page

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中